« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »

「1300日の記録[片渕須直]第26回 キャラクター造形の苦心 | WEBアニメスタイル」の紹介

またまた、片渕須直監督のコラムの紹介です。

http://animestyle.jp/2013/03/18/4238/


今回は、キャラクターを作り込んで行く時の話についてで、非常に興味深い内容でした。
ぜひご一読をお勧めします( ´ ▽ ` )ノ

「花は咲く」で、こうの先生のキャラをあのような感じにしたのはちゃんと意図があってのことだったのですね。
個人的には好きですが、ちょっとずんぐりすぎて、べたっとした感じだなーとは思ってのですが、意図的であるとのことでちょっとなぜだか安堵しました(^^;
・・・失礼な言い方でスミマセンm(_ _)m

「この世界の片隅に」での作り込みに期待です。
監督のツイッターでぽろぽろと絵が出てきているのを見てると、もうすでに感極まりそうです(゚O゚)\(- -; 早いわ


4月には監督がまた防府に来られるとか。何とか都合つけてお顔をみに行きたいところです。

| | コメント (0)

「1300日の記録[片渕須直]第25回 超常連の方々 | WEBアニメスタイル」の紹介

今週の片渕須直監督のコラムの紹介です。


http://animestyle.jp/2013/03/11/4195/

自分もマイマイ新子にハマり、ここまで知人が増えるとは思ってなかったです。

某新聞記者のMさんとは、多分、前回のマイマイ新子のイベントで防府に取材に来られてた方ですかね〜
たくさんの方といろいろな話を聞かれてましたね。取材熱心な方でした。


しかし、こうの先生のサイン会は行きたかったなー・・・帝都ですからムリですが(^^;
防府か広島でまたやってくれないかな〜とか思ったり。
今なら、サクヤビメを描いて欲しい(笑)


BLコーナーで・・・っていうのは笑えた(^^;

| | コメント (0)

「1300日の記録[片渕須直]第24回 ここ数日のあれやこれや | WEBアニメスタイル」の紹介

懲りずに、片渕須直監督の最新コラムの紹介です。

http://animestyle.jp/2013/03/04/4150/


自分は尾道に行き出してから、その土地土地の歴史とか文化とかに興味を湧くようになってきました。
広島は、個人的に、小学校の時の修学旅行が広島であったため(特に思い入れのある施設で、こうの先生の原画展やプラネタリウムでの作品を見ることになるとは思いもしてませんでしたが)、また「はだしのゲン」の影響からも、以前から興味がある街でした。

大人の自分になってかた訪問した広島という街は、近代化もありながらも、実に昭和のにおいが残っている街だなぁ〜と、感心したものでした。
また、友達もできて、すっかり遊びに行くことが増えた街ですが、思いのほか、歴史には深入りしてない自分がいるのも確かでした。
こうの先生の作品と(本人も)監督とに出会ってからは、街の歴史にまつわることについて、興味を多く感じるようになってきました。
・・・とはいっても、到底、監督の歴史考証の域には指先も入れないくらい拙いものでしょう。そのくらい、監督を尊敬しております( ´ ▽ ` )


先日、朝のテレビ番組で、フランスの大女優へのインタビューの際に、彼女が昭和30年代に広島にきてた時に撮ったスナップ写真集があるというのを知りました。
こういう作品にはすごく興味を引かれます。ちょっと探してみたいと思ってます。
(多分、監督はすでにご存知かとは思います。。あるいは時代が少しずれてるかな?どちらかというとマイマイ新子の世代の写真だったです( ´ ▽ ` ))


今、岡山のもうひとつ先まで出張中で、広島を通り過ぎようとしているところです。
またこの街を訪れて、自分なりの時代考証をしながら歩いてまわり、映画ができた時に、監督やこうの先生の思いに少しでも多くシンクロできるようになっておきたいな、と、考える今日この頃でした。
・・・とりあえず、まだ、江波方面に行ったことないので、桜の時期の江波山公園(だっけ?)に行きたいかな〜( ´ ▽ ` )・・・今年は仕事とかで到底ムリですが_| ̄|○

あぁ、今日は広島もスモッグがひどいな〜

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »